CODWW2 武器

【CODWW2】初心者にオススメの武器!とりあえずこれ使っとけ!

更新日:

コールオブデューティーシリーズ最新作、ワールドウォー2(WW2)が2017年11月3日、ついに発売となりました。

第二次世界大戦が舞台ということで、期待していた人も多いのではないでしょうか。実際かなり話題になっていますし、今までFPSをやってこなかった人も、どんどん参入してくるはずです。

CODWW2に限らず、CODシリーズはFPS初心者にはやや厳しいゲームです。最低でも使いやすい武器を選んで、早く成長できるようにしましょう。初心者を脱出したい方は「データでわかる最強のアサルトライフル」も読んでみて下さい。

STG44


現時点でCODWW2内最強のアサルトライフルと呼び名の高い「STG44」。開放レベルは3つ目なので比較的アンロックはしやすいです。

初心者から上級者まで幅広い人が使用しています。ARを今後も使っていきたいという初心者の方にオススメできる武器です。

特徴としては低反動高連射、そのうえ遠距離もやれてしまうまさに万能武器です。威力がやや低いものの、どれ使ってうまくなったらいいかわからない初心者の人は、まずSTG44をガンガン使っていきましょう。

STG44のメリット

  • 反動が小さい
  • 全距離いける
  • 連射速度が速い

反動が小さく、近距離~遠距離までどの距離でも戦える万能武器です。距離が遠くても一瞬で敵を溶かすほどのポテンシャルを持っています。初心者の方はSTG44の武器の強さを活かしてマップを移動しつつ、有利なポジションを探してみましょう。

STG44のデメリット

  • 威力がやや低い
  • 器用貧乏

正直これといったデメリットはありませんが、同じARの他の武器に比べると威力は低めです。しっかり当てないと殺しきれないこともあるため、初心者の人はまずは上半身に確実に当てられるように練習しましょう。あとは、反動が少ないといってもそれはAR内でのお話しです。SMGと比べると反動があるため、リコイルコントロールは必要です。


百式機関短銃


どんなスタイルのプレーヤーでも扱いやすいバランスのいいSMG(サブマシンガン)です。

最大の特徴は反動がかなり少なく、初心者でも狙いやすいことです。初心者には、リコイルコントロールという反動を制御する動作が難しいため、百式機関短銃を使うことでカバーすることができます。

オススメの戦い方としては、近距離から中距離で味方と連携しながら戦うことです。SMGは移動速度も速いため、戦況に応じて最良の判断をしながら戦うのに向いています。

そのうえ、百式機関短銃はSMGが苦手とする中距離以上の距離が離れた場面での撃ち合いでもそれなりにやれてしまいます。遠距離はさすがに厳しいので状況に応じて一旦下がるという技術も身につけましょう。

百式機関短銃のメリット

  • リコイルが制御しやすい(反動が少ない)
  • 移動速度が速い
  • 中距離以上でも戦える(射程距離が長い)
  • 解除レベルが低い
  • サプレッサーがつけられる

リコイル制御がしやすく、命中精度も高いです。それに加えて射程も長いのでまさに万能SMG。取り回しの良さを活かして戦場を好きなように駆け回りましょう。

百式機関短銃のデメリット

  • 近距離で撃ち負けることも
  • 器用貧乏

百式機関短銃はSMGなので連射力がそこそこ高いですが、SMGの中では連射力が低い部類に入ります。ですので、近距離で同じSMGと対峙するとやや不利な場面も多いです。中距離以上でも戦えるというバランスがいい反面、器用貧乏と感じることもあります。

PPSH-41


連射力が高く取り回しのきくSMGらしいSMG、「PPSH-41」。一番最初にアンロックできるSMGでありながら、レベルが上がってもガンガン使っていけるSMGでもあります。

初心者の人はこれを使ってSMGとはどういうものなのか、そしてSMGを使う際はどういう立ち回りをすればいいのかを実践の中で学んでいけると上達も早いですよ。

オススメの戦い方はもちろん近距離です。できる限り距離が遠い位置での戦いは避け、短い距離で動き回って撃てるようにしましょう。部屋中など狭いとこでの戦いはショットガンがあるので、近距離が得意とはいえ同じ位置にとどまるのはNGです。

PPSH-41のメリット

  • 連射力が高い
  • 移動速度が速い
  • 1マガジン35発
  • 解除レベルが低い
  • サプレッサーが装着できる

連射力が高いので、出会い頭の撃ち合いは圧倒的に有利です。近距離で命中させると敵が一瞬で死亡します。移動速度の早さを活かして、初心者でも裏取りを狙っていけます。

PPSH-41のデメリット

  • 遠距離は威力大幅減

遠距離は非常に厳しいですが、それはSMGの特徴の一つです。武器の特性を理解して戦えば問題ありません。


M1941


一番最初から解放されているAR(アサルトライフル)です。武器バランスが非常に良く、近~遠距離まで幅広い距離で性能を発揮できます。

AR特有のブレはあるものの、そこまでひどくはありません。反動もそれなりにありますが、リコイルコントロールの練習にもなります。距離が離れているときはタップ撃ちを使いましょう。

初心者の人はまずM1941に慣れておくと、後々別の武器を使ったときに役に立ちます。

M1941のメリット

  • 全距離で使っていける
  • 連射力が高い
  • アサルトの練習に使える
  • 初期武器なので最初から使用可能

どの距離でもある程度戦えてしまう万能アサルトライフルです。威力、連射力が高めですので、しっかり狙えば初心者でも敵を倒しやすいです。フルオート、タップ、いろいろ試してみましょう。

M1941のデメリット

  • 反動、ブレがやや大きい
  • 弾数(装弾数)が少ない

ARの中でも反動、ブレは大きめの部類に入るため、初心者は当てるのに苦労するかもしれません。ただその分練習になります。弾数が少なく継続戦闘能力が低いのもデメリットですが、武器レベルを上げてアタッチメント「拡張マガジン」でカバーできます。STG44が開放されるまでの繋ぎにもオススメです。







-CODWW2, 武器
-, , , , ,

Copyright© まったりげーむ.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.