bo4武器 CODBO4

【CODBO4】2018年10月31日アップデート内容まとめ

投稿日:

codbo4アプデまとめ記事ヘッダー
CODBO4は、2018年10月31日に細かな武器調整アップデートがありました。

その内容と感想をまとめます。

アサルトライフル(AR)

ICR-7

ダメージが減少し、45mまで37ダメージでしたが、34ダメージに変更されました。

これにより、ヘッドショットを当ててもキル弾数が変わらず、胴体撃ち専用のARになったということです。(厳密には4発頭に当てると4発キルが可能。まあ無理ですが…。)

リロード速度が1.18秒から1.32秒に変化しました。

ADS速度が0.27秒から0.30秒に、クイックドロー装着時は0.20秒から0.27秒に変化しました。

グリップ2のひるみ減少効果が低下し、弱体化されたようです。が、体感あまり変わらず。無反動から微反動になった気がしないこともないですがグリップ2の強さは揺らいでいません。

大きく影響を受けるのは4発キルの廃止でしょうか。

まぐれでも当てればキルタイムを短くするのに大きく貢献してくれたヘッドショット恩恵がなくなったせいで、ただでさえ威力の弱さが弱点だったものが、さらに顕著になりました。

VAPR

最大ダメージが減少し、45mまで37ダメージでしたが、34ダメージに変更されました。これにより、ヘッドショットによる恩恵が減り、大口径無しだとヘッドショットを狙う意味が無しになりました。

わかりやすく言うと、射程距離が減少した感覚です。

変更前までは37.5mまでが5発キル。それ以降6発キル。

変更後は31mまでが5発キル。それ以降が6発キルです。

上記と一緒に、大口径によるヘッドショットダメージが通常の1.75倍だったところが、最大1.4倍に変化しました。

これにより、最短距離でヘッドショットを1発当てれば4発キルという感じになりました。

ADS速度0.27から0.3秒に弱体化。ADS時の移動速度も低下。(ストックの弱体化により)

ダメージ云々よりも、ADS速度、ADS時移動速度が低下したのがこの武器にとっては痛い印象です。

主戦場が近距離から中距離。さらに取り回しの良さが強みだったので、出会い頭の反応速度が低下するのはかなりの痛手ですね。


SMG

MX-9

主な変更点は射程距離の上方修正です。
ロングバレル無しで25mまでが6発キル、31mまでが7発キル、そこから37.5mまでが8発キルに変化しました。

ただし、大口径アタッチメントによる倍率には下方修正が入り、1.75倍から1.4倍に変化しました。

CORDITE

射程距離の上方修正です。

12.5mまで6発キルだったものが、17mまで6発キルに。

17~21くらいの微妙な間が7発キル、21~25mまでのこれまた微妙な間が8発キルに変化しました。

威力が最低まで落ちた後の範囲には変更がなく、25m以降はこれまでと同様に9発キルなので注意してください。

結局のところ遠距離が厳しいことには変わりありません。

また、オーバーヒートまでの時間が短くなる弱体化が入りましたがこちらはほとんど誤差の範囲ですね。

GKS

オペレーターMOD装着時のバーストディレイが0.13秒から0.15秒に弱体化されました。

言われなければ気づかないほどの小さな変化です。

タクティカルライフル

ABR223

射程距離が微増しました。

変更前20mまで4発キル、それ以降5発キル。

変更後25mまで4発キル。それ以降5発キルになりました。

ただしバーストディレイが0.18秒だったものが0.23秒に弱体化しました。

また、オペレーターMODによる連射速度の加速が低下しました。撃った感じでは若干加速されるまでの時間が伸びた感覚です。

レーザーサイトの精度はアップしたようです。

SWORDFISH

大口径の倍率が弱体化。1.75倍から1.4倍に低下しました。これにより3発キルは不可能になりました。

オペレーターMODのマガジン増加効果が少しだけ減少。


LMG

TITAN

ヘッドショットダメージが減少。と、公式の発表ですが、検証してみるとヘッドショットダメージそのものが無効化したような結果に。なんにせよ3発キルは不可能になりました。

また、腰撃ち精度が12%程度低下しました。

さらに、ストックアタッチメント装着時の移動速度がわずかに低下しました。

みんな大好きタイタンですが、3発キルできなくなった影響が多少あるかなという程度で、あとはそこまで変わっていません。

頭出し対頭出しの際の理不尽な火力が変わったくらいですね。

HADES

オペレーターMODの移動速度と精度が低下しました。

ステディグリップの効果がわずかに上昇しました。

VKM 750

ダメージが62から54に減少しました。

また、大口径による恩恵も低下し、ダメージが75になりましたが、それでもまだ2発キルの可能性が残されているので、実質はそこまで大きな弱体化ではないかもしれません。

さらに、VKMには当たり判定を広げるというチート級のオペレーターMODがありましたが、当たり判定の範囲が若干狭くなりました。

ショットガン

MOG12

チョークバレルの1発キル射程が10mくらいまでになりました。

SG12

ストロボライトのバグが改善。死亡後には影響が出なくなりました。

さらに、ストロボライトがエイムを妨害する効果の範囲が今後のアップデートで減少されるそうです。

ハンドガン

RK7 Garrison

バースト感覚がわずかに伸びました。違いがわからないほど。

リロード時間が伸びました。

ADS速度は0.13秒から0.15秒に増加しました。

MOZU

ADS速度が0.1秒から0.15秒に弱体化しました。

クイックドロー装着時のADS速度も0.08秒から0.1秒に弱体化。


ギア

スティムショット

全回復までの時間が増加。かなり僅かな増加です。

ボディーアーマー

アーマー適応外の範囲に弾が命中した際も、ダメージ減少ボーナスが加算されていた箇所を修正。

要するに下方修正なわけですが、変化があるのは大口径2を装着している武器に撃たれたときです。

相対的に大口径2の範囲が広がったので、元々強力だったランパートの大口径2がさらに活きてくると考えています。

実際撃ってみましたが、対アーマー時のダメージボーナス範囲が少し広がっていて、胸より上はアーマー無効でそのままヘッドショットダメージが入ります。

音響センサー

反応してくれる範囲が減少しました。考えようによってはむしろ使いやすくなったまであります。

その他考察

サプレッサーによるダメージ減衰が10%程度だったものの、20%近く最大威力射程が減少するようになりました。

それでもなお減少はそこまで大きくないので、サプレッサーが強力なアタッチメントであることに変わりはないです。

また、公式によるとホログラフィックサイト、デュアルズームサイト、リーコンサイト使用時の反動が減少したようですが、壁撃ち時の比較では本当に微妙な変化すぎて違いがわかりませんでした。

さらに、なぜかELOサイトの反動が増えるという弱体化が入ったようですが、こちらも違いは「ほぼ」無いと思っていいです。

今まで通りELOサイトが好きな人は使い続けても問題ありません。おそらく内部的に反動が微妙にマイナスにふれていたものを+-0にしたといった感じでしょう。

ロングショットメダル

迷彩チャレンジで難関になっていたロングショットの範囲が若干減少しました。具体的には、アサルトライフルが今まで48mくらい離れていないともらえなかったものが、39mくらいになりました。

少しの変化ですがARとTRのメダルが厳しすぎたのでうれしいですね。迷彩集めている人ははかどるでしょう。







-bo4武器, CODBO4
-, ,

Copyright© まったりげーむ.com , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.